クレジットカードの入門と基礎知識

クレジットカードの選び方

みなさんはクレジットカードを選ぶときにどういった基準で選んでいるのでしょうか。銀行や航空会社などの系列、マイルが貯まる、ステータスなど選び方はさまざまです。その中でも選ぶ基準として重視されているのが、年会費、利用できる場所、還元率です。まず、年会費について、最近は「年会費無料」のカードが増えているために、無料はほぼ当たり前という状況になってきました。なかには永久無料というカードも多数あります。無料なのは利用者にはうれしいですよね。次に利用できる場所が多いことです。いくら金額などのメリットがあっても限られた場所でしか利用できなければ何の役にも立ちません。国内でも海外でも多くの場所で使えるカードを選ぶことが重要な要素のようです。最後に多くの支持を集めているのがポイントなどの還元率です。最近ではクレジットカードがコンビニでの小額の買い物や公共料金などの公的支払いでも利用できることが多くなりました。家計の支出に占めるクレジットカード払いの比率が大きくなっているため、ポイント還元率が高くなればその分お得度も大きくなります。カード選びによって得する大きさもずいぶん変わるようです。自分にあったカードを慎重に選びたいですね。

クレジットカードはネット通販に便利

クレジットカードを持っておくと、インターネットで通販する時やネットでショッピングをする時に非常に便利です。カードを持つまではいつも代金引換で支払っていましたが、数百円程度ながらも毎度手数料が発生したり、玄関口で宅配業者の人と小銭を受け渡しする慌ただしさや手間が負担でした。しかし、クレジットカードがあるとカード番号と有効期限を打つだけで手軽に決済が即座に完了してくれますし、ネットショッピングや通信販売も利用しやすくなります。最近のネット通販では一度使ったクレジットカードの情報は記録しておけたりもするので、二度目以降からのショッピングの時には一切カードの番号を打たなくても済みありがたいです。クレジットカードは海外旅行保険も付帯してるケースが多いですし、ホテル予約や現地での高級レストラン利用時など、海外旅行においても大活躍でした。

ポイントで本当に欲しいものをGETしよう

クレジットカードを使う利点といったらポイントです。しかしポイントが貯まっても、選択肢の中に欲しいものがない場合、頑張って貯めたこの労力はいったいなんだったのか・・・と思うこともあるでしょう。そんな経験から、現在私が主に使っているカードは楽天カードです。このカードはポイント還元率1%という高い水準で還付があるのに加え、楽天市場で買い物すると更にポイントが加算されます。そしてそのポイントは、楽天市場の商品を購入する時に充当できるというものです。楽天市場だったら様々なサービスがありますので、「欲しいものがない!」ということもめったにないのではと思います。せっかく貯めたポイント、本当に欲しいものに使いたいですよね

クレジットカードはまとめて使うのが一番

わたしは、クレジットカードを、一番多かったころは6枚持っていました。中には年会費を払っていながら全く使わないものも。しかし、今では1枚にまとめて、利用しています。その理由は大きく2つです。まずは、ポイントです。ポイント還元を考えた場合にはやはり、効率面でもまとめたほうが間違いなくたまりやすいです。さらに2つ目。わたしは今ではコンビニのジュースや新聞、公共料金の支払い、飲食に至るまで極力クレジットカード支払いにしています。クレジットカードの明細がある意味、家計簿代わりににもなります。単身赴任の際に見つけた手法ですが、自分自身が普段の生活でものを買いすぎていないかどうかなどもこれを見れば一目瞭然です。

楽天カードの便利な機能について

現代の生活には欠かせないクレジットカード。最近はTポイントやリクルートポイントなど、ポイントプログラムと連携した便利なクレジットカードも人気ですね。私もクレジットカードは数枚作っていますが、その中でも今回は私がメインで使っている『楽天カード』についてご紹介したいと思います。年会費無料の楽天カード。入会すると、楽天ショッピングで使える楽天ポイントが5000円分貰えます。さらに、楽天カードを利用すると楽天ポイントが貯まるのですが、その還元率は1%ほど。100円の利用で1ポイント貯まる計算になります。日頃から楽天ショッピングを利用する方にはお得なカードですが、実はこの楽天ポイント。クレジットカードキャンペーンにエントリーすると、もっとお得に貯められるのを知っていたでしょうか。楽天カードでは様々なキャンペーンを実施していますが、その中でも有効なのが、『後から3回払いをすると手数料分のポイントをプレゼント』『あとリボで登録した方全員に3000ポイントプレゼント』などのキャンペーンです。カードで一括で払った金額の支払いを変更するとポイントが貰えるといったキャンペーンです。こういったものを見つけたら、まず一括で払った分の金額を再確認してみてください。それを3回払い、またはリボ払いに支払い変更したとして、金額によっては貰えるポイントから分割/リボ払い手数料分を差し引いても得になる場合があります。そういった場合はどんどんエントリーをし、ポイントをいただいちゃいましょう。ただ、この場合で貰えるポイントは『期間限定ポイント』であることがほとんどで、実質10日間しか使えません。ここで、もし楽天ショッピング内で購入したい商品がない場合は、この期間限定ポイントの使い道に迷うことになります。この場合、解決策は2つあります。1つは、この期間限定ポイントを『商品券』に変えること。楽天ショッピング内で金券を販売しているショップもあるので、その中で送料が一番安い店を選び、期間限定ポイント分を全て使って商品券をタダで買います。もう1つは、Rポイントカードや楽天アプリと連動させ、期間限定ポイントを使うというもの。従来までは、楽天カードの利用によって貯まったポイントは楽天ショッピング内でしか使えませんでしたが、最近はこのRポイントカードや楽天アプリの登場により、街でも楽天ポイントを使うことができるようになりました。それにより、例えば楽天ポイントを使って、サークルKサンクスでカップラーメンやジュースを買うことができます。しかし、Rポイントカードや楽天アプリの場合は1つデメリットがあり、それは『楽天と提携しているお店でしか使えない』ということ。Rポイントを何処でも使うことを視野に入れているのであれば、やはり商品券に換えてしまった方が使い幅は広がるかもしれません。余談ですが、楽天カードはJCBブランドの場合ですと、電子マネーのnanacoにもチャージすることができます(VISAは不可)。このように、クレジット社会において汎用性が高い楽天カード。皆さんも是非ご検討してみてはいかがでしょうか。